藝達社について
HOME > 藝達社について > 職人のご紹介

職人のご紹介

京友禅で培った匠の業を駆使し、一筆一筆丹念に描きあげられた作品は芸術の域に達します。こちらのページでは、『藝達社』が手掛ける「墨彩ジーンズ」をはじめとした和柄ジーンズのリメイクを支える弊社の職人をご紹介いたします。

 
西 征史

西 征史

着物の手描き友禅50年のベテラン絵師。藝達社独自のぼかし色抜き加工を施したジーンズをキャンパスに、花鳥風月・鳥獣等を卓越した技法で描きあげ、墨彩ジーンズを完成させました。


 
人見 勝

人見 勝

京友禅伝統工芸師の資格を持つベテラン絵師。「染めの人見」としてギャラリーや販売なども兼ねた工房を哲学の道沿いに持ち、『藝達社』のアンテナショップにもなっています。


 
古角 徹志

古角 徹志

着物の手描き・ぬれ描き、この道48年のベテラン絵師。動物などの写実的な描写を得意とし、オーダーメードの注文によるペットの絵を、ジーンズに一筆一筆毛の質感にまでこだわって描きあげていきます。


 
臼井 正幸

臼井 正幸

友禅職人として、摺り友禅・金彩友禅の修行を積み重ねてきました。現在は、「家紋 BABY ロンパース」の製作に従事しています。


藝達社について

ページの先頭へ